6がつく日は
『滝行』からはじまる平和活動

~毎月3回6,16,26日開催~

私たちは献水の滝場に集い、滝入りし、

原爆献水を語り伝えています。

◎開催要領

☆ 毎月6、16、26日

  • 事前申し込み【要】 お申込はこちらから。>>お問合せフォーム
  • 7:00集合、受付開始:「入滝順番表」に記名し、参加費をお納めください。
  • オリエンテーション(活動主旨説明など)
  • 7:15頃~作法に則って滝入り
  • 全員の入滝後、シェア会解散 ※お急ぎのかたは途中で退出いただいてかまいません。

◎ご用意いただくもの

☆ 参加費:1,000円以上 ※滝の観音へのお布施など、献水の滝物語事業活動費として使用します。

☆ 服装:白の行衣 ※初回などお持ちでない場合は、お手持の衣服でかまいません。

  • 重ね着などで透けない工夫をいたしましょう。

☆その他持ち物:バスタオル、着替え

  • 着替え場所あります。 
  • 滝衣の貸し出しあり:1,000円【要予約】。ご予約はこちらから >>お問合せフォーム 
◎場所・アクセス

滝の観音 (己斐 教順寺内):広島市西区己斐上5丁目57番1号

★滝は、教順寺に隣接する山から境内内に流れ落ちております。滝入りは教順寺境内にて行います。

★JR西広島駅から車で約5分

◎送迎

JRご利用の方は、西広島駅6時45分に集合ください。【要予約】。

ご予約はこちらから >>お問合せフォーム

 

◎お申込&お問合せ

★お問合せフォームよりお問合せ、お申込くださいませ >>お問合せフォーム 

★✉: kensuinotakimonogatari@gmail.com

★Facebookページ、Facebookイベントページのコメント&メッセージからもご参加申し込みいただけます。

https://www.facebook.com/kensuinotaki/

◎滝衣の販売

梵字が描かれた滝衣の販売を行っています。ご希望の方はお申し込みくださいませ。

★納期:ご注文からお渡しまで10日~かかります。 

★価格

【滝衣(長衣)】

M:丈120cm  9,720.円

L:丈129cm 10,800円

2L:丈135cm 10,800円

 【梵字について】

梵字は、不動明王の梵字です。

「笑顔の配達人アックン」のニックネームで親しまれている広島在住のアーティスト中原 晶大氏により一点一点描かれます。

【滝衣について】

三村松さまでお取り扱いの長衣です。

しっかりした綿素材で透けにくく安心して着用できます。


◎6がつく日は滝からはじまるいちにち。

滝入りを経験するにつれて外の今の瞬間の出来事をしっかりと受け入れることができてきます。
これは妄想や思い込みに気づいている落ち着いた瞬間にいるということです。
これによって好き嫌いの感情で損得や捉われに陥ることがなくなってきます。
この状況が相手とその価値観を認める世界観になってきます。
ご参加のみなさんのこの滝の瞑想が心の平和につながりますように願っています。

 そして、これこそが半世紀にわたり市内の原爆慰霊碑に献水を捧げてきた宇根さんの願いでもあります。

*****

この「献水の滝物語」の活動は、故宇根利枝さんがこの滝水を汲みながら、当時目の前で水を求めて息絶えた原爆犠牲者を悼み、半世紀にわたり数多くの慰霊碑に水を手向ける活動をされたことに対して、それを私一人の心に刻み後世に伝えていこうとする小さくて尊いものです。

8.6を所以として毎月6.16.26日に滝に打たれて心身を落ち着けて、宇根さんを偲びながら今日一日平和な自分でいることの実感をいただいています。

*****

見学だけでも、ご遠慮なくお越しくださいませ。

 

【お不動さまのこと】

「或入河水 而作念誦 若於山頂樹下 塔廟之處 作念誦法 速得成就」古より山岳信仰や不動信仰によりお不動さんは修行を見守ってくれると信じられてきました。

 

滝の観音で、私たちはいつもお不動さまに見守られながら滝に入ります。

手を合わせて安心して、豊かな時間です。

 

【滝の観音の環境~温度の変化】

 

広島市内でありながら、滝の朝は清々しく気温も市街地より低めです。

一年の気温と水温の変化をグラフに表しました。

冬は、気温が水温を下回ります。

 

※データは2017年9月から2018年7月末

※気温:青の線、水温:赤の線